アクセスカウンタ

<<  2018年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


雪と氷の祭典・札幌雪祭り

2018/02/17 06:00
待っていた冬のイベントが始まり雪が汚れない2日目の晴天を選び行ってみました、毎年の事ですが混み合い広い大通り公園を一方通行にしてゾロゾロと観光客が歩いて寒さは少しマイナス程度で当地としては快適に楽しめました。

画像


自宅から乗り換え無しで大通り公園まで行けます、青空の15時頃〜18時過ぎまですすきの会場と行き来し見物していました、まずは大型の雪像からです。
画像画像画像画像画像
画像
テレビ塔の近くに仮設スケートリンクがあり子供・若者達が楽しんでました、久しぶりに滑って見たかったんですが年齢制限に引っかかりそう (~_~;)

画像
画像
4丁目STV広場の雪像でゲームの「ファイナルファンタジー」のプロジェクションマッピングが18時から行われ、人気の様で覗いてみましたが会場は満杯の人出でカメラのアングルを取る隙間も無くて人の手まで写ってしまい残念、上が昼間の写真で下が投射映像ですがわかりますか?

初めてすすきの会場に行ってみました、広い道路を通行止めにして氷の芸術が鎮座します、繁華街の真ん中で多少看板まで写りましたがご勘弁願います、どれも力作揃いでほんの一部です。
画像
画像画像画像画像画像
画像
ここには載せませんでしたが市民が製作の小型の雪像があります、生憎の暖冬が続き崩落の恐れがあると一部分解したのもある様です。

最後まで見ていただきありがとうございます。
記事へナイス ブログ気持玉 272 / トラックバック 0 / コメント 8


温室の花とアール・ヌーヴォーグラス

2018/02/03 07:55
例年に無い寒波と大雪が全国各地のニュースで流れていましたが、みなさんお変わりはありませんか、雪国は例年の事で値上がりした灯油暖房でしのいでいます、今回は温室の花と芸術的なガラス器と照明器具を紹介します、よろしければご覧ください。

画像


画像画像画像
画像


先にも案内の続きで小樽芸術村の一部にアールヌーボーグラスが展示されていて写して来ました、どれも歴史・芸術的に価値がある品々ですが説明出来る程の知識を持ち合わせていませんのでパンフレット程度の説明とします。
画像
ところ狭しと並べられたグラス照明は華やかです。

画像
ドーム作 この様に案内も写した方が良かったですね。

画像
左手前 ワルター作、中央 アプリカシオン作 と思われます。

画像
中央 アージー・ルソー作 照り返しで表示が見えませんね。

画像
右側 ラリック作 装飾パネル 両方同じと推測します。

画像
中央 アプリカシオン 作
説明で不足の方は運河の側で観光を兼ねてお立ち寄り下さい。

小樽は海が近く−10℃まで下がらず道内では比較的暖かいが雪はどっさりと降ります、それで我が家は敷地内の雪を通路に埋め込んだ灯油を燃やす融雪機に投げ込み溶かします、これは便利でそのうち機会があれば紹介しますね。

最後まで見ていただきありがとうございます。
記事へナイス ブログ気持玉 308 / トラックバック 0 / コメント 2


<<  2018年2月のブログ記事  >> 

トップへ

なまらいい 2018年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる