春遅い桜とチューリップ

石狩市は石狩川の河口に旧市街地があり、この付近は石狩湾の付け根に当たり風が強いところです、その先に最近石狩市に合併した厚田区望来(もうらい)の丘にある宗教団体の霊園があり、ここの桜の数は道内でもトップと思います、風と丘のためか平地より1~2週間送れて咲くのも特徴で行ってみました。


画像
石狩とは非常に屈曲する川の意味で、昔から鮭とニシンが獲れアイヌ民族が住み着いた場所でそれが地名に残り、聚富(しっぷ)、床丹(とこたん)、濃昼(ごきびる)、花畔(ばんなぐろ)、安瀬(やすそけ)、古潭(こたん)幾つ読めましたか?


ここは国道を少し入り場所により海も見えて、綺麗に整備されていますが満開の案内の翌日に行ったためか、信者や見物客が集まり、園内の広い道路も油断をすると引かれそうな程に車が行き交って写すのも焦ります。

画像画像画像画像画像
画像


今度は札幌市内のいつもの公園に行ってみました、晴れていて休日となればみなさん考える事は同じで広い公園内に人が一杯で春を楽しんでいました。画像画像画像画像画像
画像
一番最後は我が家のチューリップです、バックに芝桜が満開です。


5月に猛暑の話しもありお見舞い申し上げます、季節外れの話題ですが少し前まで時期遅い桜が咲いていました。読んでいただきありがとうございます。

この記事へのコメント

2019年05月26日 22:03
こんばんは。
石狩は今が桜の美しい季節を迎えたのですね。アイヌ語の地名はほとんど読めなかったです😅
青い空と桜が池?に映っている風景、広々として美しいですね。
札幌市内の公園も花いっぱいですね。チューリップやムスカリが鮮やかで可愛いですね。春の喜びを感じます。お庭のチューリップ🌷芝桜に映えて綺麗に咲きましたね✨北海道の春の花便り楽しかったです。
2019年05月27日 07:53
CHIEKO さん、お早うございます、
急に暑くなり北国で無い感じです、北海道はあちこちにアイヌ語由来の地名がありますがあの辺は多い様です、札幌市街地を少し離れると広い土地が残っています、桜・チューリップは時期が過ぎましたが待ちかねた花がドンドン咲き今が一番楽しい時期です。コメントありがとうございます。
2019年05月27日 11:34
こんにちは~
見事な桜並木が続き、のんびり眺めていたい
風景ですね。
自動車にひかれては大変安全な場所へ移動ですね。
風車も絵になりますね。
アイヌ語の地名で読めたのは一か所「古潭」だけ
でした。
チューリップ・シバザクラとお庭でも春を
満喫されましたね。
いつもありがとうございます。

2019年05月27日 14:05
つむぎ さん、こんにちは、
最初の場所は広いですょ、まだまだ桜はあるが写しきれないのです、私有地ですから信号機もありません、風車の奥に見えるのが日本海でこの周辺は海に沈む夕日が見られるスポットです、庭にはサツキとシャクナゲが咲き始めました例年より早いですね。コメントありがとうございます。
2019年05月27日 21:29
こんばんは。
そちらは急に暑くなったようで大変でしたね。
まるで絵葉書を見ているかのような素敵な
お写真ばかり。本当に綺麗ですね。
春の花だより届けて下さり嬉しかったです。
自宅のお庭のチューリップも可愛いですね
2019年05月27日 22:00
ゴンマック さん、こんばんは、
小樽は日本海側で30℃を少し越える程度です、何か道東で見ごろになる予定のチューリップが数万本も暑さで枯れてしまったようです、そろそろ初夏の花など紹介出来ると良いですね。コメントありがとうございます。
2019年05月28日 12:04
こんにちは。
北海道で、記録的な猛暑との報道があり驚いていた所ですが、この写真では春うららと言う感じでいいですね。
北海道だけに雄大な桜並木です。
青紫の花はムスカリでしょうか、花一杯の公園も春満載ですね。
2019年05月28日 13:06
アルクノ さん、こんにちは、
この写真は熱波が来る前ですが札幌周辺は日本海の影響で30℃を少し超える程度です、桜並木は数カ所ありお墓を写さないようにしていますが全部写すと広いですょ、よくご存知でムスカリです、この位 数が無いと迫力が無いがここは見応えがあります。コメントありがとうございます。
2019年06月02日 21:46
完璧なお天気で絵になる風景の数々が素敵です。
いい季節になりましたね~。
ご自宅のチューリップも可愛いです。
毎年お庭のデザインは変えるのですか?
2019年06月03日 07:30
ROKO さん、お早うございます、
良い天気が続きますね、我が家の庭など狭いので水撒きも知れていますが農家の方は大変では、庭は花と木が半分以上で孫にあげるトマトなどを植えています、少しずつ花が増え宿根草で同じ配置ですね。コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック