なまらいい

アクセスカウンタ

zoom RSS 小樽運河と小樽港の散策

<<   作成日時 : 2017/07/26 07:05   >>

ナイス ブログ気持玉 305 / トラックバック 0 / コメント 12

小樽運河は港湾施設が未熟な時代に掘ったものでは無くて海を埋め立て両側に石造りの倉庫を作り、貨物船から艀に移し運河まで運び陸揚げ又は積み込みをするために作られました、港の整備が進み不要な建築物として、埋め立てと保存の両方の議論がなされ結果的には半分を埋め立てして高速道路からの車輌が余市方面へのバイパス路と観光の散策路を作る事に落ち着き、駅前から降りた中央橋から浅草橋までが現在の小樽運河と呼ばれています、今回は運河の一部で埋め立てをされなかった部分(市の案内は北運河と呼ばれている)は昔の面影を残し観光の方が訪れる事が少ないので紹介をしてみます。

画像
築港臨海公園から見た新日本海フェリーターミナルビルに接岸のフェリー

運河公園から運河を右手に見て1周します、北運河(小樽運河の北側)です。
画像
画像
画像
画像
運河と港の間の道を進み車が通っている橋は運河と海をつなぐ海路です、下の写真はその橋の上から突き当たりが運河で昔の石積みが見えます。

画像
右折して運河の橋を渡り従来の小樽運河と呼ばれている方向を見ています、中央に見える橋が小樽駅から降りた位置、左手に別な海路が見えてます。

画像
同じく橋の上から反対側の北運河を見ています、正面の白い船の船体の半分ほど運河が広くなつているのがわかりますか? そこから昔の幅になります。

画像
画像
帰りのコースに入り、先ほど車が通っていた橋の向こうに港が見え、さらに前進して振り向くと先ほど運河を渡った橋が見えます、女船長さん頑張ってます。

画像
画像
北運河の中央です、「カモメを呼ぶ少女」像のある橋です、中央付近から北運河を見ました幅はゆったりで波が立つ事も無く小舟を止めるのには最適、中央付近の瓦屋根の石倉のある処が運河公園で、そこまで歩くと1周になります。

画像
画像
一周した北運河の側に立っていて再活用されている石造り倉庫です、一般的に柱と梁で骨格を組み屋根を支え壁に軟石を積み頑丈で火災に強い、暑さ寒さに強いと言われてますが石が完全に冷え切る寒冷期はさすがに寒い(^_^;


ここから小樽港散策です、
画像画像画像
画像
北の海の守り神 第1管区海上保安本部の合同庁舎と巡視船と巡視艇です

画像
入港中のクルーズ船「ぱしふいっく びいなす」  6月30日撮影

画像
画像
秋田港から旅したクルーズ船「にっぽん丸」が入港してました、角度を変えて小樽駅の正面から写してみました、さすが廻りのビルを圧倒します。7月6日撮影

最後まで見ていただきありがとうございます、暑中見舞い申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 305
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
とてもすばらしい景色ですね。
見応えがありますね。女船頭さんの
船にも乗ってみたいなあです
ゴンマック
2017/07/27 11:28
ゴンマック さん、こんにちは、
地元の人間としては運河全体を見てほしいのですが浅草橋を過ぎると運河は終わり思いガラス工芸の方に向うみたいです、参考にと書いてみました、女船頭さんはまだ慣れてないのか真剣に操船してました、慣れて歌でも出れば良いですね。コメントありがとうございます。
Yoshi
2017/07/27 13:30
素晴らしいですね。小樽運河は私も訪れたことはありますが、北運河には行ってません。次回は是非訪れてみたいと思います。昨年辺りから北前船に強く関心を持つようになり、書物を読み漁ったり、秋田と近県の港を訪れて見て回っています。ここも北前船の遺産がたくさんあるようですね。
新日本海フェリーは秋田港にも寄港しますが、秋田からは苫小牧東に向かいます。小樽直行の定期便があると助かるのですがね。
降魔成道
2017/07/27 21:11
降魔成道 さん、こんばんは、
北前船ですか?物持ちの良い小樽でも写真は別に展示資料はあまり見ないですね、当時は松前は当然で積丹半島を越えるのが難所で大変だった様ですがそれを乗り越えて財をなした人は聞きます、フェリーは残念ながら新潟ですね、苫小牧から高速道路を使うと2時間掛からないと思います、ぜひ計画されて下さい、コメントありがとうございます。
Yoshi
2017/07/27 22:48
港町小樽は風情ある風景がたくさんありますね!
最初曇り空が、途中から青空になり
小樽の良さがいっそうひきたっています。
ROKO
2017/07/29 12:50
ROKO さん、こんにちは、
札幌の様な近代的な建物は少なくて風情だけあるのが小樽でしょうか(笑)、あれれ ばれましたかフェリーの都合でそこだけ後で写したら曇りでした、今年は青空が本当に少ないですね。コメントありがとうございます。
Yoshi
2017/07/29 14:13
Yoshiさん
いつもコメントありがとうございます。
小樽は一昨年行きましたが、夜着いて翌日昼に出発したので、あまり観光てまいません。昨年は、大洗〜苫小牧のルートで主に道東を廻りました。次回は、新潟〜小樽ルート行き、未踏の小樽〜積丹半島〜江指〜松前〜函館を廻って見たいと思ってます。
KAZ
2017/07/29 23:46
KAZ さん、こんばんは、
車で道内を廻られているのだと思います、小樽は時間があれば観光船で青の洞窟も最近人気のスポットです、積丹半島も良しです、延々と日本海の奇岩を眺めて走る事になり300Km越ですが楽しめます、頑張って計画されてください。コメントありがとうございます。
Yoshi
2017/07/30 03:02
yoshiさん こんばんは。

小樽良いですよね〜。最高
この風情、夜の灯り・運河の夜景と壁・橋の横の
広場で、アコーデオンを奏でる人、時にバイオリンを
引く人が居たり,,,,南国から何度も北海道の山に
行く時は、小樽に着き、小樽を楽しみました。
お弁当”海の輝き”は、たっぷりのイクラや
魚介類がのっかた北海道ならではの、
お弁当の美味しかったことを思い出しています。
今年も行くはずでしたが、参加者少数につき
行けませんでしたから、特に懐かしいです。
有難うございました。
風の色
2017/07/30 05:26
風の色 さん、こんにちは、
何度も山に行く時に立ち寄られて良くご存知の様ですね、今は漁船も減りましたが漁業の街でもあり一般に魚は美味しいと言われています、またお仲間を集めてぜひお立ち寄りください。コメントありがとうございます。
Yoshi
2017/07/30 07:29
こんばんは。
いつも気持玉を頂き、ありがとうございます。
小樽へは3度訪ねており、懐かしく拝見しました。
ガス灯ともる小樽運河を威勢の良いお兄さんの人力車で周ったことを覚えています(笑)
魚真さんをホテルノルドの方に教えていただき、美味しいウニや八角を食べたことも覚えております。
ハーモニー
2017/08/01 21:03
ハーモニー さん、こんばんは、
そうですか3度来られた様でお馴染みさんですね、威勢の良いお兄さんもこの北運河を廻り案内してましたょ、八角を食べられた様でグロテスクな見かけによらず美味と思いますがいかがでした? コメントありがとうございます。
Yoshi
2017/08/01 22:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
小樽運河と小樽港の散策 なまらいい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる