アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
なまらいい
ブログ紹介
いつもご来場ありがとうございます、
zoom RSS

小樽雪あかりの路に行って来ました、

2019/02/16 06:21
昔は3代住み着くと江戸っ子と聞いた事がありますが曾祖父から4代目の道産子です、若い時には釧路勤務もして道東の寒さも体験しました、本題に戻り今年は寒さと吹雪は特別で札幌雪祭りはお休みしました、当地は珍しく-13℃まで下がり札幌で朝起きたら玄関のドアノブと鍵穴が氷りつき通学・通勤が遅れた珍事もあった様です、寒さも緩み晴れ間を見て小樽運河行ってみました。
画像


駅前から観光客がゾロゾロと運河に向かい、会場の通路はカメラの前を横切る、肩はぶつかるで大変な混雑でしたがトラブル無しで一安心です、札幌では外国語で相談が出来る警察官を配置した様ですが我が街も必要でしょう。
画像画像
画像


運河会場を離れて手宮会場に向かいます、ひときわ目立つ小路と日本銀行小樽特別支店の横を通って直ぐ近くにあります。画像
画像


この会場は北海道の鉄道の発祥の地・手宮線の跡地が会場となっています。
画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像
画像
最後の写真の「後志」はなじみの無い方に説明を、広い北海道・道庁は14支庁(平成21年に振興局に呼び名変更)があり、小樽は後志支庁でただ一つの市ですが支庁舎は羊蹄山の麓の倶知安町で別名ニセコの通り名の方が有名ですね、住民約12,000人に対し外国人(豪州・英国)が2000人(23%)と増え続けスキーリゾート地となっています、その思いが込められたのでしょう。

最後まで見ていただきありがとうございます、春までしばし冬眠を続けます。
記事へナイス ブログ気持玉 142 / トラックバック 0 / コメント 12


続きを見る

トップへ

月別リンク

なまらいい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる