小樽雪あかりの路に行って来ました、

昔は3代住み着くと江戸っ子と聞いた事がありますが曾祖父から4代目の道産子です、若い時には釧路勤務もして道東の寒さも体験しました、本題に戻り今年は寒さと吹雪は特別で札幌雪祭りはお休みしました、当地は珍しく-13℃まで下がり札幌で朝起きたら玄関のドアノブと鍵穴が氷りつき通学・通勤が遅れた珍事もあった様です、寒さも緩み晴れ間を見て小樽運河行ってみました。
画像


駅前から観光客がゾロゾロと運河に向かい、会場の通路はカメラの前を横切る、肩はぶつかるで大変な混雑でしたがトラブル無しで一安心です、札幌では外国語で相談が出来る警察官を配置した様ですが我が街も必要でしょう。
画像画像
画像


運河会場を離れて手宮会場に向かいます、ひときわ目立つ小路と日本銀行小樽特別支店の横を通って直ぐ近くにあります。画像
画像


この会場は北海道の鉄道の発祥の地・手宮線の跡地が会場となっています。
画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像
画像
最後の写真の「後志」はなじみの無い方に説明を、広い北海道・道庁は14支庁(平成21年に振興局に呼び名変更)があり、小樽は後志支庁でただ一つの市ですが支庁舎は羊蹄山の麓の倶知安町で別名ニセコの通り名の方が有名ですね、住民約12,000人に対し外国人(豪州・英国)が2000人(23%)と増え続けスキーリゾート地となっています、その思いが込められたのでしょう。

最後まで見ていただきありがとうございます、春までしばし冬眠を続けます。

この記事へのコメント

2019年02月16日 20:00
 小樽は後志支庁だとは気が付かない人多いと思います。(札幌圏の都市と言う印象強いですね。)
 今年も小樽雪あかりの路が終わると、まだ旭川などでは、冬のイベントが続きますが、札幌近郊の冬のイベントが一通り終わり春を待つばかりとなりますね。
 ほのぼのとした暖かみのある冬のイベントだと思います。
2019年02月16日 22:05
小樽雪あかりの路、とても素敵なイベントですね。
イルミネーションとは違って、穏やかで素朴な光りが古い建築を照らし出し運河や雪にも反射して非常にロマンチックで魅力的だと思います。いつか訪れてみたいです。
外国人ばかりではなく日本人としても行かなくてはと思ったりします。
2019年02月16日 23:18
雪明りの小樽運河沿いの道は、
何だか幻想的な雰囲気がありますね。
いつまでも見つめていたい気がしました。
でも、寒がりの私は、写真で見せて
戴いた方が無難かも。手宮地区の催しも、
手作り感一杯で心が温まります。
2019年02月17日 07:31
藍上雄 さん、お早うございます、
道庁に用件はあんまりありませんが小樽に支所もあり、込み入れば札幌に出かければ良いので倶知安に行く事はありません、国道393号開通で近くなりましたね、最近運転が怪しいので冬場は控えています、これが終われば春が待ち遠しい毎日です、コメントありがとうございます。
2019年02月17日 07:40
ミクミティ さん、お早うございます、
子供の頃に雪穴を掘って蝋燭を点したものですが工夫を凝らして運河の夜景とマッチしてイベントとなっています、外国人ばかりでは無くて日本人も多いのですが暗闇で声がしないとわからない、特に隣の大国の人達がわいわい大声でわかります、他の会場も計画しましたが吹雪で駄目でした。コメントありがとうございます。
2019年02月17日 07:47
yasuhiko さん、お早うございます、
仕掛けは簡単で各家庭で楽しんだものがイベントなりました、北海道の冬は外は確かに零下の温度で厚着をしますが室内に入れば暖房完備で暖かです一度いかがですか? コメントありがとうこざいます。
2019年02月17日 09:34
わぁ、やはり雪あかりの路にいらしてたんですね。
今年は私もはじめて見に行きました。
JRは行も帰りも8分遅れ。
寒さがきびしい今年の冬ですね。
久しぶりにブログを拝見できて嬉かったです。
青空
2019年02月17日 09:51
札幌雪祭りを控え、もうそろそろ、お出ましかしら、、、と何度かお尋ねしておりました。札幌のほうは行かれず正解だったかもしれません。友人が久しぶりに大物作品の見学を目的に出かけ転倒、腕を捻挫してしまいました。

小樽運河の冬の夜景は何度見ても素敵ですね~、写真からシンと澄んでいる様子が伝わって郷愁を誘われます。雪灯りのイベント。ほっこりとしていいですね~私はこちらの方が好みかな、、、春待ち遠しいですね。
2019年02月17日 10:35
ROKO さん、お久しぶりです、
まだ 冬眠中でしたが地元のイベントは外すわけにいかずと暖かい日を見計らい行ってみました、始めてでいかがでした?雪祭りから見たらスケールが小さいと思います、天狗山会場で花火とイベントがあり参加の予定が吹雪と寒さで中止しました。コメントありがとうございます。
2019年02月17日 10:43
青空 さん、こんにちは、
札幌雪祭りは今年は寒そうでお休みしました、前回は軽く転倒して怪我は無いが恥ずかしい思いを今年は確り滑り止めの靴を新調しました、ご存知の通り工場からの煤煙などは皆無ですから寒いが空気は澄んでいます、一時運河を埋める埋めないで論争しましたが今のが結果が良好の気がします。コメントありがとうございます、
2019年02月17日 12:02
こんにちは。
幻想的な美しさですね。
優しい明りに癒されますね。
とても楽しませて頂きました
2019年02月17日 13:20
ゴンマック さん、こんにちは、
当地の数少ない冬の祭典です、真っ白な雪があるから映えるのでしょうかね? みなさんの努力の結晶を毎年楽しませていただいてます。コメントありがとうございます。
2019年02月20日 11:20
小樽雪あかりの路、最高ですね。
昔訪れた小樽の記憶とは全然違っていて、素敵です。
運河沿いのレトロな街並みは、海外の方に人気らしいですね。
運河沿いの建物から下がるツララが極寒の地を現していますが、寒くて撮影が大変だったと思います。

メルヘンチックな手宮会場もいいです。
灯りは蝋燭とLEDの両方ですか?
ほのぼのとした感じがします。
2019年02月20日 12:52
アルクノ さん、こんにちは、
昔 来られたのは まだイベントが始まる前でしょうか?平成11年から開催されています、時期が札幌雪祭りと一部重なりますから結構な賑わいです、あのツララは住民にすると凶器になりやっかいな代物ですが寒冷地のシンボルとなりつつあります、手宮会場の灯りはほぼ蝋燭と思います、ゆらゆらと風にゆられて風情がありますょ、寒さは別に撮影は今のカメラは感度が良くて三脚無しで写ります。コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック