小樽・雪あかりの路のご紹介です、

半年の間 雪に囲まれて過ごす長い冬の楽しみの一つで市民が各家庭や地域で雪像を作り蝋燭の灯を点して楽しんだのが、いつの間にか定着し市のイベントとして22回目を迎えて、今年も運河会場をメインに市内の各所で開催されました。
Akari00.jpg
最初は運河会場です、一番人々が集まる場所で17時の開始前から観光客が中心に集まり何時もの通り混み合っています、運河の石倉が見やすい様に薄暮に行きました、屋根の雪とツララがわかりますか? 落下すると凶器と教えられました。
Akari01.jpg
Akari04.jpg
Akari06.jpg
Akari08.jpg
ここは一番混み合い中国人の家族も見られました、飛行機便は減便で日本国内の方でしょうか? 大半はマスクで重装備です、その中で対面から真っ黒な「ニカーブ」姿の女性にお合いし目だけの衣装は初めてです、お一人ですから勝手な推測でマスク代わりの日本女性かも知れませんが、お顔をが見えず判断が出来ない。

最近新設された準メイン会場の小樽芸術村の会場です、ここの付近は旧・銀行街ですが取り壊した空き地等で広々として小山を作り視野の広い展示方法です、積極的に周辺の旧・銀行や石倉を文化施設に再利用で新名所になりつつあります。
Akari10.jpg
Akari12.jpg
Akari14.jpg
Akari16.jpg
旧・手宮線会場です、ここは北海道で初めての鉄道が走り夕張炭鉱から小樽港までの石炭を運んだ線路の跡地で細長い広場に色々と趣向が凝らされた展示物が多い場所です、方向により民家の窓なども写りこみますがそれもご愛敬でしょう。
Akari18.jpg
Akari20.jpg
Akari22.jpg
Akari24.jpg
Akari26.jpg
Akari28.jpg
Akari30.jpg
Akari32.jpg
Akari34.jpg
Akari36.jpg
akari59.jpg
Akari60.jpg
ほのかな光りの幽玄の世界を楽しんでいただきましたでしようか最後までありがとうございます、この催しは札幌雪祭りの後で今年は2月9日~16日でした、 新型コロナウイルスは当地も伝染し、年配者は重度の様ですお気をつけ下さい。

4月3日追記、新型コロナウイルスには幸い感染せず過ごしていますが雪は溶けても花は無く、温室なども閉鎖の様でもうしばらくお休みとします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 289

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年02月22日 19:13
小樽の「雪あかりの路」、本当にお洒落で素敵ですね。
倉庫のつららも凄い迫力です。雪像や灯篭も凝った造りのようですね。
幻想的で幽玄の世界を楽しめますね。撮影は難しかったと思います。
柔らかく暖かみがある灯りだなと感じました。実際は非常に寒いと思いますが。
2020年02月22日 19:43
ミクミティ さん
こんばんは、北国のつつましい楽しみを見て戴きました、つららも凍った雪も恐いですょ、頭に当たると大怪我もあります、レンズに手振れ防止が付いているので写すのは楽ですが雪の色と暖かみを出すのに色々と試しました、日が少しあるのと暗闇では雪の色が違います、寒さの方は慣れっこです(笑)、コメントありがとうございます。
2020年02月22日 21:23
こんばんは!
小樽・雪あかりの路、ほのかな光に包まれて温かく感じます。実際は長いツララがたくさん下がってとても寒いと思います。ツララは凶器になります。下を通る時は気をつけて見なさいと教えられました。昔はこちらも雪が30㎝程積もることもありツララが出来ていました。
運河会場は運河への映り込みも綺麗で素敵ですね。趣向を凝らした展示物も見られて楽しいイベントですね。幽玄の世界楽しませて頂きました。
コロナウイルスの拡散も続いて心配ですね。お気をつけくださいね。
2020年02月22日 22:08
小樽の素敵なイベントが22回も続いていたのですか。
素晴らしいですね。
雪の中に浮かぶ明かりが幻想的で夢のように美しいです~♪
今年は新型コロナウィルスの感染を恐れてイベントが次々に中止になって寂しいですね。
これ以上広がらないことを祈ります。
2020年02月22日 23:36
こんばんわ
最近はあちこちのテーマパークでLED照明を山ほど使ったイルミネーションがありますが、人工の光が明るくて綺麗というだけで、あまり見たいとも思えませんね。
雪あかり路はゆっくりと歩いて暗さのなかのほのかな光を楽しめそうです。小樽に相応しい風情あるイベントですね。
2020年02月23日 06:24
eko さん
お早うございます、市民が本当に手作りで雪玉を丸め水を凍らせの集大成でゆらゆらとほのかな光りが素敵です、ツララは小さい時から親に躾けられますが歳を取り体が利かなくなり雪下ろしで屋根に上り一緒に落下して亡くなる方もいます、そちらでも昔は雪とツララがあった様で教えは同じですね? このイベントが終わると後は春を待つだけです、新型コロナウイルスは幸い当市では発生していませんが隣町札幌で雪祭りで感染がありました、早く治まるのを願ってます。コメントありがとうございます。
2020年02月23日 06:34
うふふ さん
どちらかと言うと古い街ですから賑やかな催しは似合いませんが市民のささやかな楽しみで続いている様です、ここは工場などが無いから空気が澄んでいて雪が綺麗です、ゆらゆらと幻想的ですょ、元々会場が狭いせいか新型コロナウイルスの影響も無い様で混み合っていました、早く治まってマスク無しの生活に戻りたい心境です。コメントありがとうございます。
2020年02月23日 06:44
ハル さん、
お早うございます、暮れに札幌の大通り公園の華やかなイルミネーションを写して来ましたが、場所が変わり小樽では雪あかりの路のほのかな蝋燭の光りが似合うようです、最近聞きつけたヨーロッパの人達も目立つ様になりました、冬の祭典として長く続けたいものです。コメントありがとうございます。
2020年02月23日 10:49
こんにちは。
小樽「雪あかりの路」優しい灯りに包まれた
素敵な催しですね。温かい感じがします。
見ていてほっこりしました。
いろんな会場で楽しめるんですね。いいですね。
色々大変な日常になりました。お気をつけ下さいね。
2020年02月23日 12:56
ゴンマック さん
こんにちは、そうですね、この催しは派手さは無いが童心に戻りほのぼのと楽しめます、会場はスキー場の山の上から郊外の温泉まで市内のあちこちにあります、賑やかな場所をピックアップしました、ウイルスは小樽市内での発生は無いが隣町の札幌で発生して油断が出来ません、じっと辛抱です。コメントありがとうございます。
2020年02月23日 18:53
今年は小樽雪あかりの路、パスしました。やはり特集組んだ方が良かったかな・・・。市民参加のホノボノとした雰囲気のイベント、魅力的です。
新型コロナウィルス、感染者増えていますね。お気を付け下さい。
2020年02月23日 19:31
藍上雄 さん
こんばんは、旗日の11日に行きましたが何時もと変わらず運河はぶっかって歩くほど混んでました、今回準メイン会場の小樽芸術の村も寄ってみましたが広々として良い感じです、天狗山会場も一度と思ってますが果たせません、小樽は感染者が出ていませんが札幌への通勤客・学生が感染と用心をしています。コメントありがとうございます。
2020年02月24日 08:54
おはようございます~♪
雪あかりの路、仄かな光は心に優しいですね。
正に幽玄の世界です。
此方は今年は雪は一度も降らなかったから
垂れさがった大きなツララに吃驚です。
小樽には以前旅しましたが、時々万華鏡を覗いたり
ガラスのネックレスを楽しんでいます。
ROKO
2020年02月24日 09:33
おはようございます。
歩けば寒い雪明りの祭典、今年も拝見させていただきました。完璧な明かりの芸術で、もはや観光日本の冬の定番で王道です。
しかしコロナウィルスで北海道は大変なことになってきました。自分も感染したら発表されるのかと思うと、そっちも恐ろしいです。
1日も早い終息を祈ってやみません。お互い気をつけましょうね!

2020年02月24日 09:38
ベティーちゃん さん
お早うございます、今 流行のイルミネーションから見たらほんのりと自分だけを照す光りがゆらゆらと雪の中にあります、あのツララの下は歩けませんが一般家庭は恐いんですょ、昔の漁網に付けてたガラス玉の技術がガラス工芸の街として残りました、来られた時の思い出ででしようか?。コメントありがとうございます。
2020年02月24日 09:51
ROKO さん
お早うございます、そこは地元民の強みで天候を選んで行きましたからそんなに寒さは感じませんでした、ただ マスクをして覗き込むので眼鏡が曇り難儀しました、私は見るだけですが製作しているみなさんに感謝です、新コロナウイルスは寒さが好きなのか道内にドンドン広がっていますね、忍の一字で終息を待ちお互いに気をつけましょう。コメントありがとうございます。
はるる
2020年02月24日 19:54
冬の楽しみ、いいですね。
運河の灯りがすてきです。
雪像がなんともいえません。
ツララはこわいですが。
楽しませていただきました。
2020年02月25日 07:03
はるる さん
お早うございます、運河の直ぐ側は日本海で工場などの煤煙等は無いので澄み切って綺麗に写ります、雪像は手作りの味が良く出ていて個性があると思いませんか、毎年見ていますが少しずつ目新しい工夫があるんですょ、定着した冬の風物詩で長く続いのを願っています。コメントありがとうございます。
2020年02月25日 20:12
こんばんは。
小樽の雪あかりの路、雪ならではの素敵な行事ですね。別世界のようです。運河に映る灯り、ツララ、幻想的な灯りが揺らめく風景、初めて見て感動しています。寒さがより澄んだ空気になるのでしょう、とても美しい映像を楽しませていただきました。
コロナウイルスがとても心配ですが、日本中どこでも感染する可能性があり、ひとりひとりがまずは防いでいくしかありませんね。
2020年02月26日 01:32
『雪灯りの路』素敵です。
小樽運河、倉庫の屋根に積もった雪と大きなツララ。
運河にも数えきれないほどの灯りが・・。
雪の中に揺らめく蝋燭の灯りが幻想的ですね。
大勢の市民の方やボランティアの方々の手作りだそうですね。
優しい灯りが感じられます。
素晴らしい風景を楽しませて頂きました♪
2020年02月26日 07:41
CHIEKO さん
お早うございます、言われる様に冬のひそかな楽しみが運河と結びついて観光客が来られるイベントとなりました、寒さが澄んだ空気を作っている様で雪像一つ一つが手作りの味があり楽しめます、コロナウイルスは寒い場所が好きなのか道内各所で感染し小中学校の臨時休校まで発展しそうで各自がうがい・手洗いで防御しかないようです。コメントありがとうございます。
2020年02月26日 07:52
心 さん、
お早うございます、昔々はあのツララの下に艀を停めて倉庫に荷物を出し入れした様です、その運河も埋め立ての話があり半分に縮小して存続し今のイベントが開かれています、雪の中で揺らめく蝋燭の一つ一つが市民のパワーなのでしようか。コメントありがとうございます。
2020年02月26日 15:38
この様なイベントを拝見すると寒そうな中にも温かみを感じます。
各家庭や地域の催しだったものが小樽市のイベントとして定着して、素晴らしいです。
屋根から垂れ下がるツララの列が凄いですね。
この下は通行禁止ですね^^;
展示会場も色々あるようで、巡る楽しみがありますね。

新型コロナウィルス感染が収まる事を願っています。

2020年02月26日 16:24
アルクノ さん
こんにちは、寒さの方は慣れっこですが言われる様にか細い蝋燭の火がゆらゆらですが暖かみのあるイベントです、あの場所のツララの下は通行禁止ですが一般家庭は恐いですょ、今頃の暖気になると雪の塊と共に落下します、今度 機会を見て天狗山スキー会場からの夜景もお伝えしますね、ウイルスは寒いのが好きなのか拡大していて忍の一字です。コメントありがとうございます。
2020年02月26日 21:28
Yoshi さんこんばんは~♪
小樽・雪あかりの路は、地域の雪像造りが始まりなんですね。
本当に幽玄の世界ですね。実際に体験してみたいです。

さて、安芸のキャンプですが、
気持玉はお休みをいただきました。
出発時の雪は、いつもなら珍しくはないのですが、
暖冬の今年は何で出発の日に!!と、
うらめしくなりました。
彦根は冬季は日本海側の天気予報を見なければなりません。
大津は近畿中部のお天気です。
車でしたら1時間の距離ですが、
お天気はコロッと違います。

北海道は例のウィルス、困りましたね。
お子さんまでが罹っておられます。
全小中学校がお休みは致し方ないかと思います。
幸いにもYoshi さんの小樽は今のところ大丈夫
との事ですが、どうぞお気をつけくださいませ。
2020年02月27日 07:46
茶々 さん
お早うございます、雪あかりの路のミニ版は市内各所で行われています、嫌と言う程ある雪を積み重ねて蝋燭を点す、それで住民で楽しむ、雪と氷で火事の心配は無しです、安芸のキャンプに行かれたのは雪にたたられた様ですね、琵琶湖は広いから日本海と近畿中部の二つの気候がある様で1泊しましたから様子はわかります、彦根城を通るさざなみ街道をもう一度走ってみたい、突然発生のウイルス騒ぎはいずれ小樽も感染するでしよう、人混みに入らず忍の一字でうがい手洗いで過ごすしか無い様です。コメントありがとうございます。
2020年03月07日 23:00
こんばんは。
「雪あかりの路」暖かみのある仄々とした素敵なイベントですね。
積雪の中でやわらかい灯が揺れ動く様、なんとも素敵な光景です。
これからも長く続けてほしいと思います。

新型コロナの感染者が日毎に増えるニュースばかりで不安な毎日です。
イベントや施設の休館が相次ぎます。
一刻も早く終息することを願うばかりです。
手洗いとうがいでお気をつけてお過ごしくださいね。
2020年03月08日 07:51
かぼす さん
お早うございます、雪国で各家庭で楽しんでいたのがイベントとなり、雪と氷の中に蝋燭のほのかなあかりがゆらゆらと幻想的です、その頃から噂されたいた新型コロナが全道的に流行して終息の兆しも無く小樽は発症は無いが外出を控えて過ごしています。コメントありがとうございます。